200系ハイエースにカーステを付けよう♪ 目次


オーディオ インストール編
失敗だらけの自作集

ハイエース 外装
ハイエースはパーツもいっぱいあって、ついつい衝動買い。。。
目指せ!スポーツコンパクト!?

ハイエース 内装
広大な室内空間の演出!って行きたいところですが…
使い勝手重視です。。。

ハイエース フルスロットル
周りの冷たい視線が気になります。。。
自分でもどこへ向かうのか判りません(爆)
もあぱわぁ~はいえーす?

みんなのハイエース♪
他力本願ネタ切れ対策(^^:
パーツ選びの参考に!!

|

さようなら。ハイエース。

ランクル号がPM法で乗れなくなり、購入したハイエース号。
約3年間、4万キロ。海や山に荷物いっぱいで元気に走ってくれました。

しかし、非力な1TR…バルタイ、過吸気、NOSいろいろ企みましたが残念でした。
と、いうことで不景気真っ只中ですが乗り換えます。
つぎは4リッターV6SCを狙います!!また貨物ですが…

ありがとうハイエース号。そして、さようなら。

こんなブログを見ているコアな方々、ありがとうございましたm(_ _)m
このブログは近いうち消滅します。

5963

| | コメント (1) | トラックバック (0)

みんなのハイエース♪ No.001

01_3

02

03

■年式:H18年式
■型式:TRH200V
■オーナー:taka
■生息域:関東
■外装
リップスポイラー(マッスルマジック)
ルーフスポイラー(WALD)
アルミ(MJ16-01S)
タイヤ (GOODYEAR ナスカー F205/R225)
マフラー(RSR エキマグGTワゴン)
ショック(ビルシュタイン)
強化トーション(リム製)
強化スタビ(リム製)
2.5インチブロックロワード(リム製)
■内装
オーディオ(DIY)
アルカンターラ内装
Defiとか
■コメント
エンジンスワップしたいどす・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みんなのハイエース♪掲載車両募集!!

ネタ切れで更新もままならないこのブログも10万HITオーバーです。ありがとうございます♪
そこでネタ切れ対策他力本願『みんなのハイエース♪』と題しまして、みなさんの200系ハイエースを紹介させてくださいな。
■年式
■型式
■オーナー
■生息域
■外装
■内装
■コメント
を書いて写真もつけてメールで投稿してください。
タイトルに「みんなのハイエース♪応募」って書いてくださいね。判らないから。。。
採用された方にはFUN FACTORY特製ステッカーをもれなくプレゼント♪
ステッカーほしい場合は送付先も書いてくださいね!
(個人情報はステッカー送付以外には使用しません)
じゃんじゃんご応募ください。って言うかお願いします(^^;
パーツ選びで悩んでる方の参考になるようなカテゴリーとなればよいなぁ。。。

| | コメント (0)

あけおめ車検

ネタ切れで全然更新していませんでした。。。
ハイエースを購入して早いものでもう2年です。
と、言う訳で車検に行って参りました。

01 年末にnetで車検予約を入れました。第2ラウンドで。
当日は、近くのテスター屋で光軸を調整してもらってから陸運局へ。
デチューンで、すっかりオーラの無くなったハイエース(T_T)





まずは検査申し込み。
重量税と検査代の印紙を購入。
自賠責保険に加入。
書類を揃えて継続車検申し込み窓口へ。

『納税証明書がおととしのだよ』
「へっ!?」

がーん↓下手こいたー。。。
『横の機械で納税証明書発行できるから』
「そ、そうなんですかぁ」

02 ほっと一安心。
無事申し込みもおわり、いざ検査ラインへ!
と、その前に見学♪見学♪
検査ライン横に、ご丁寧な「見学者通路」なるものがありました♪




03_2 一通り見学を済ませ、いざ検査ライン!








06リップ、アイライン OK
HID、光軸 OK
サンダル OK






04 指摘を受けたのは、フロントガラス上部の整備ステッカー(丸いやつ)を取れとのこと。
おととしのステッカーだから、、、だって。
あと、
『マフラー変えてるよね?騒音計測するから、新規ラインに並びなおして!』だとさ。
言うとおりに、新規ラインに並び音量計測・・・OK。


05_3すべての検査項目に合格し、審査結果OKのハンコをもらって、合格窓口へ!
書類と引き換えに、新しい車検証と車検シールを頂きました♪






以上、受付から新しい車検証をもらうまで約1時間。
(新年で非常に空いていたょ)
書類代:30えん
光軸調整:2,500えん
検査登録印紙代:400えん
審査証紙代:1,300えん
重量税印紙代:18,900えん
自賠責保険12ヶ月:15,500えん
60分ユーザー車検:ぷらいすれす
でした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

5速MTがほしい…

放置プレイしすぎましたm(__)m
そろそろ、MCハイエースが発表になりますね。
S-GLとDXの中間グレードがでるとか。5速マニュアル設定があれば買い換えたいなぁ。。。
って思ってます。ここまでいじりましたが・・・

Hiace この、アフターパーツ約200万のS-GLだれか買ってください(笑)
機関良好です!価格は270万で(爆)
H18年式 19,000Kmですょ!スポコンHi-Fi仕様です。
ほしい方はメールちょーだい。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

違いのわかるヤツら

ヘッドライトのHIDバルブを5500kから6700kに変えましたが、劇的な変化がなく残念。。。
っが!判るヤツには判るんですねぇ~

Bug1 ウギァーーーーーーー!!
夜の高速をカッ飛んでいたら6700k効果でしょうか?
虫達がいっぱい集まってくれました(@_@;)
キモイです。。。






Bug2_1

Bug3

| | コメント (4) | トラックバック (4)

シルキーホワイト6700k

ヘッドライトのベロフサンダーホワイト5500kがラウド6000kのフォグと色味が合わず気になっていたので
ヘッドライトバルブをシルキーホワイト6700kに変えてみました。


Hl4sss1 交換前
左右ともサンダーホワイト5500k







Hl4sss2 左:サンダーホワイト5500k
右:シルキーホワイト6700k







Hl4sss3_1 左右ともシルキーホワイト6700k
フォグ:ラウド6000k

結局色味は合いません。。。
5500kから6700kも言わなければ誰も気付かないほどの変化でした…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノベートDL-32でログ準備

バルタイ&燃調セッティング&??のため1TRのログ取得準備中です。

Dl32_1 イノベートDL-32を取り付けてみました。
取得する信号は
・回転
・カム角
・ストットル開度
・空燃比
・Gセンサー(トルク)
を取得します。




Dl32_2 ノートパソコンに接続してリアルタイムにデータを見ることができます。
PCを使用しなくてもDL-32本体のSDカードにログれます。

しかし最近ハイエースにこんなことをしている自分に飽きれ始めています。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

モービルエレクトロニクスショー MES2007

カーオーディオ、カーナビの祭典 モービルエレクトロニクスショー MES 今年は6月23(土)、24(日)です。
最近デモカーなど全然聴いてないので久しぶりに行こうと思います。
おいらは、いつも自分のCDを持ち込んで再生してもらいます。やっぱり自分の聞きなれた楽曲でないとピンとこないんだよね。。。興味あるかたは、行って見るとよいと思います。前売りで1,500円也。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ショット その2

Yubin ゆうびんハイエースと2ショット!
民営化されたらデザイン新しくなるのかなぁ???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カムコン取り付け

Camcon1 カムコン取り付けです。
配線は簡単!すべてECUから。
・回転信号± D15コネクタの27,34(NE+,NE-)
・カム角信号 D15コネクタの26
・エアフロ信号 D16コネクタの28
・IG電源 B43コネクタの1
・アース D15コネクタの3
をつないで完了。

Camcon2 カムコン電源オン・オフ、それぞれでテスト走行しました。(設定はしてないょ)
とりあえず、回転もスムースだしアイドリングも問題はなさそうです。
今後、データを取りながら設定していく予定だす。





って言うか、もしかして1TRにカムコンつけた人いますかぁ?
いい設定値持ってたら教えてぇ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2ショット!

Wide コンビニでとなりにスーパーロングがっ!!
おいらのS-GLが軽に見えます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当りました!その2

なんと、また飛び石で…前回程ではないが場所がマズイ。

Hit0 チップした程度だがちょうど運転席目の前で視界に入ってくる。。。
飛び石Hit率を下げる方法ってあるのでしょうか?


それにしても前回リペアで良かった。交換なんてしていたら。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カムコンゲット

Camcon VVT-iコントローラーです。ECUに偽装信号を送りバルタイ(カム角)を操作しようと言う代物です。。。
エアフロ信号を偽装し燃調も可能です。







しかし、、、問題がありまして。。。ハイエースに有効かどうか判りません(爆)
メーカーでも対応とっていません。。。
上手く操作できてもECUのフィードバックにより効果が打ち消される可能性があるし、
バルタイも上手くいくかどうか。。。ロッカーアームとかね。

まぁもう買ってしまったので『The人柱』イッてみま~す。乞うご期待!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インテリアパネル装着

Panel1 フロント周り追加メータ取り付けがほぼ完了したので、インテリアパネルを装着してみました。染めQしたルーバーが上手く馴染んでます(^^







Panel2 妙にテカテカでちょっとうるさいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Defi エキゾーストテンプ計 取り付け

吸気負圧に続いて、排気温度です。シリンダ内の完全燃焼管理には大切ですね。

Ex さて、温度センサーの取り付け。場所はやはりエンジンに近いほど正確な排気温度が取得できます。が気筒ごとに取るわけではないのでエキマニ集合部に取り付けます。
写真判りづらいですが。。。




エンジン始動後は2~300℃ぐらいです。
時速100キロ巡航で650℃に上昇します。5千回転ぐらいでは軽く700℃を超えていきます。
エキマニ外すんだったら、ついでにバンテージ巻いときゃよかった。座席下暑すぎだよハイエース。。。
それにしても、BOSCHのO2センサーは500℃を超えると良くないそうですが。位置的に近いんだなぁ心配です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラスリペア

昨日割れたガラスをリペアしてみました。
過去にも飛び石でフロントガラス交換。1ヵ月後また飛び石フロントガラス交換と言う悲しい過去があるので、今回はリペアキットで対応しました。。。

Hit3_1

Hit4

Hit5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

当たりましたぁ!!

今日は仕事で厚木まで。GWドライブしなかったんで、ハイエースで行くことに。
早朝からがんばってお昼過ぎに任務完了。
さて帰ろう!まだこの時間なら空いてるだろう。厚木ICからいざ東名に!
合流車線、アクセル全開、2速5千回転「ん~んなかなか回るエンジンだぁ」
前に2tトラック、右にウインカー出して「れ~んちぇんじぃ~」って瞬間、『パチン!』
ん?なんだ???

Hit1 ビンゴです。ヒットです。大当たりです。
2tトラックからの飛び石でフロントガラスにクラックがぁ。。。。
車内から。







Hit2 外から。
あーーーーーーーーーーー(泣)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

Defi インマニプレス計 取り付け

Defi1_1 買ってしまった。。。3連Defi!!「吸気負圧」「燃圧」「排気温度」です。
しかもBFでカラーはホワイト。はっきり言ってハイエースにはもったいないです、はい。。。
「燃圧」「排気温度」は、完全燃焼のために。「吸気負圧」はびゅんびゅん動くから買いましたけど何か?



Defi1_2 さて、とりあえずインマニプレッシャーセンサー取り付けです。
至って簡単バキュームホースを切断して3wayをかますだけ。
センサーは適当なステーで固定。





Defi1_3 Defi付属の3wayアダプタは全4φなので、ハイエースには合いませんでした。
仕方なくシリコンホース(6φ)と6-4-6の3wayを買いました。





Defi1_4 純正のホースを外して、作ったシリコンホースを取り付けます。







Defi1_5 エンジン始動!おぉぉー期待どおりびゅんびゅんです。が!アリドリング時に針がぷるぷるしています。
どうやら、負圧取出しがインマニに近いとぷるぷるするらしい。。。そのうち違う場所試すかな。だれか良い場所しってますか?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

イノベート XD-16 モニター

LC-1 ワイドバンド空燃比アンプからのデジタル信号をXD-16モニターに表示します。
XD-16は、空燃比だけではなくセッティングにより使用目的に応じた使い方が出来ます。LEDの色まで変更可能です(7セグは固定)。

Xd16_1 接続は至って簡単、ステレオミニプラグを挿すだけ。メーターフード&バイザーはDefiのものを流用しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イノベート LC-1 ワイドバンド空燃比アンプ

O21純正のO2センサーを使ってなんちゃってDefiを付けましたが、リアルな空燃比は取れませんでした。
そこで正確な空燃比測定のため温度に影響されにくいBOSCH製ワイドバンドUEGOリニアO2センサーを採用することに。





O22 純正と置き換えてECUに信号を送ることも可能ですが、今回はエキゾーストにアダプター溶接し追加することにしました。
作業はアタカエンジニアリングさんにお願いしました。







O23_1 配線は、ECUの近くに穴あけて通しました。
実はイノベート LC-1にPC接続して付属のソフトでログれます。
が、他の信号もないと分析のしようが無いですが。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とりころーるな夜景

Tricolore0_2 Tricolore1_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

染めQチャレンジ

Someq0 黒木目のインテリアパネル。
実は納車直後に購入しましたが、1年以上経過した今もダンボールに入ったままです。。。






Someq1 ハイエースのエアコン送風口の色って、黒木目にはちょっと合わないので染めQチャレンジです。
ルーバーまで綺麗に分解できます。






Someq2シリコンオフして染めQ。









Someq3 出来ました。いいかんじ♪
肝心のインテリアパネルはまだ先になりそうです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なんちゃって

Af1 なんちゃってDefiのA/F(空燃比)計です。イノベートのLX-2が欲しかったのだが。。。
「何のために???」って突っ込まないでぇ。。。本人にも判りません(爆)






Af2 純正のA/Fセンサーから信号とってみましたがうまく動作しませんでした。。。
仕方なく説明書通りに純正のO2センサーに割り込ませた。ECUコネクタD15の25番です。






Af3 インプレ。
ん~ん、、、やはり排気温度に左右されますね。
ただでさえ相対的な物なのに。。。エコ運転の目安にはいいかも?
やはりリアルな空燃比を得るにはリニアO2センサーが必要かな。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

1TR-EF

おいらのハイエースはガソリンS-GLです。ですのでエンジンは2.0L DOHC VVT-i ガソリンエンジンです。
トルクが細く、低燃費&排ガスの対策のためかトルク特性も微妙なセッティングですね。。。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WALD ヴァルドルーフスポイラー取り付け

Wald0 注文から約1ヶ月半かかってようやく届きました!
これで多少乗用車感が増すはずですっ!







Wald 付けてみた。。。
えっと、ものすごくフィッティング悪いです。
ABS樹脂と勝手に思っていたらFRPでした。ですのでフィッティング悪いの致命的です。
塗装品オーダーしたのですが、下地が悪く素人の仕上げです。
はっきり言ってボッタクリです!(怒)




WALDのクオリティーってこんなもんなんでしょうか。。。
高級車メインでやっているようですが、ハイエースは手抜きなのでしょうか?
どうなんですか?WALDさん。

| | コメント (2)

LEDテール取り付け

200系ハイエース用ユーロテールVer3【LED】レッドクロームです。

Ledv3_1 おいらのハイエースはバックフォグ付きなのでちょいと加工して取り付けました。







Ledv3_2 純正とイメージは変わらないのでいい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

強化スタビライザー

S1 入れました!
リム製強化スタビライザーです。







S2 ブッシュも一応強化ブッシュに変更。








S3 ついでにフロントを気持ち下げました。見た目あまり変わらん。。。








さてインプレ。
ん~んイイ感じ。コーナーリング時フロントがクイックに入るようになりました。
いい気になりすぎてフェンダーにタイヤヒットしちゃいます(^^;)
ショートピロスタビリンクが欲しくなりますね!どれくらい効果でるのでしょうーか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

200系ハイエース1TRターボ

とうとう出ました。200系ハイエース1TRターボ!

Aer1 かなり気になるので、アタカエンジニアリングに行ってきましたぁ。








Aer2 アタカエンジニアリングのデモカー(KDH)と並んでみました。カーボンボンネットがステキです。
担当の方に色々話を聞かせてもらいました。載せたのはまだ1台との事でした。ですので長期的な実績データはこれからですね。。。





Aer3_1 しっかり、実車も見学してきましたょ。あの狭いエンジンルームにピカピカのインテークが入っておりました。
お客さんの車と言う事で試乗は出来ませんでしたが…話を聞くかぎりめちゃめちゃ楽しそうです!!
欲しいけど、高いなぁ~。。。

| | コメント (0)

リップスポイラー装着

リップスポイラー装着。もういじりだしたら止まりせん。。。。

Rip1 注文から2週間で届きました。
マッスルマジックのリップスポイラーです。
本体のほかビスが4本だけ付属してました。






Rip2 フィッティング確認中。。。すばらしぃプロのしごとですねぇ~。








Rip3 こんな感じ。やはりだいぶイメージが変わります。ルシーダとエミーナくらい、、、古いか。ノアとボクシーくらい?






Rip4 フロントはタイヤ径の差を含め3.5インチダウンです。で、走行には当然、神経使います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アルミ&アイライン装着

MTSのNewアルミ【MJ16-01S】やっと履くことが出来ましたっ!アイラインもくっ付けた。

Aw1 フロント用の205。純正と比べるとかなりちいちゃぃ。。。








Aw2 クロモリレーシングナット(HEX17)を使ってみました。なかなかイイじゃんかぁ。
タイヤはフロント205、リア225。やはりフロントはもう少し下げたいですね。。。






Aw3 さて、気になる収まりですが、フロント205は問題なし。面もいい感じに収まっております。
リア225は右だけホワイトレター分出てる感じ。まぁ許容範囲ではないでしょうか。






Aw4 ロードノイズは特に気にならない。ノックスドールが効いているのか?そもそもロードノイズ低めなのか?
ちょっとタイトなコーナーをあぐれっしぶにイッてみました。見事に外側リア225がフェンダー直撃です(; ;)
それにしても、フロントの205は頼り無さ気で心配です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローダウン うっひょぉぉぉ~

ローダウンしたら。。。

Biz2 ローダウンしたらスロープ上れなくなりました><









Biz1 ぽーくびっつが予想以上に…
2.5インチでこれだからね。3インチだと。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローダウン

最近ずーっとアゲアゲでしたので、久しぶりに下げてみました。
早くローダウンしたかったんだけど、アンプやらバッテリーやら積んでから出ないと長期荷重が判らないので。。。機材重量でリアは約5mmダウンしてます。

Low0 さてローダウン。リムの2.5インチ(65mm)ブロックのビルシュタインセットを選択しました。







Low1 とりあえず、ノーマルタイヤでフロント・リア同量下げてみました。








Low2 車検時はこのスタイルですね!
ん~ん、写真がうまく取れない…デジタル一眼なんだけど、はっきり言って宝の持ち腐れです。






今回は所沢IC近くにあるキャンピングカーで有名なロータスさんにお世話になりました。店内には200系ハイエースパーツはもちろん、アウトドア派にはワクワクするようなパーツがてんこ盛りです。「カスタムカー」に毎号広告が出ていますね。
ショップ探し中の方はぜひ立ち寄ってみてくださいね。『ファンファクトリーのブログ見て来ましたぁ』って言えば、なにかいい事あるかも?

さてインプレ!
乗り心地はとてもお上品な感じ。。。タイヤが純正(80サイズ)なので微妙ですが、おいら的にはやわすぎ。シャキット感は出ているのですが好みの問題かな?
まぁ純正と比べたら遥かにイイ感じです。
Low4 さすがにリアは、ちょっとしたギャップでバンプストップに当ります。バネレートは変わってないからね…最初すんごい音がしたので、なんか取れたのかと思いました(@ @;)
リアバンプストップは、他のものに変えたほうがいいかも?。。。デイトナのバンプストップかなぁ。いいのありませんか?誰か教えてくださ~い。



あと問題はマフラーです。RSRの砲弾ですので結構厳しいです。さっそく緩いスロープで擦りました><。。。自慢?のポークビッツをガリガリっと。
前フリからだいぶ経ちましたがこれで、あのアルミが履けますょ~♪

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Noxudol ノックスドール施工

みなさんノックスドールってしってますかぁ?おいら最近知りました。ちょっと気になったのでやってみることに。
事の始まりは、おいらの白のハイエース、ホイールハウス内も白くてシマリがない。。。そうだ!黒く塗ろう!!って何塗ればいいかな。。。って感じで。

Noxudol1 そこで用意したのは、【ノックスドール オートプラストーン(AUTO-PLASTONE)】と【ノックスドール 300】。どちらも防錆アンダーコート剤です。オートプラストーンはVOLVO社に採用されているモノらしいです。
期待できる効果は
・サビ防止
・ロードノイズの低減
・ホイールハウス内を黒く
って感じらしい。シャシーブラックよりメリットがありそうですね!

Noxudol2 さっそく始めましょう。
ジャッキアップしてタイヤを外します。
おぉぉぉぉー!サビサビぃ~(@_@)







Noxudol3_1 ハウス内を良く洗浄します。ついでなのでワイヤーブラシでサビも落としました。








Noxudol4 良く乾燥させてからオートプラストーンを塗ります。
ヘラで塗り始めたのだが、塗りづらい。。。手で塗っちゃいましたぁ。
面倒臭そうな場所はほったらかして。。。
ノックスドール 300は、アーム部分やリーフ廻りなどに使用しました。





Noxudol5 はいっ!できましたぁ。『24時間は、走行しないでね』って書いてあります。。。









さて、インプレ。
すすっすんゴイ!ロードノイズがマジ低減!!びっくりです。こんなモンが効果あるとは。。。
車内側の対策との相乗効果かもしれませんが、乗用車みたいに静かです。5ナンバーに出来るかも!?(笑)
そんなに高価ではないので興味ある方はチャレンジしてね。
今後は納車後1番にこれやるべかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Tw編 その3

つつきです。
アルカンターラのお裁縫もおわり、接着です。
が!その前にアシストグリップの色を何とかしないといけません。仕上げのアルカンターラは黒っぽい色なので。。。

Tw3_1 そこで『染めQチャレンジ!』してみますっ。用意したのはブラックグレーです。







Tw3_2 やってみた。うんうん!いい感じ!!
乾燥も速くせっかちなおいらに、うってつけの商品です。(※価格除く)






Tw3_3 Aピラーもアルカンターラを貼って、アシストグリップ取り付け。。。














Tw3_4 またまた手作り感たっぷりの作品です。。。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Tw編 その2

つつきです。

Tw2_1_1 適当に形が整ってきたので仕上げ編です。
ドア同様アルカンターラを貼ります。
がっ!1枚貼りは無理ですなぁ。。。
またまた『ザ!お裁縫』です。






Tw2_2_1 型紙を適当に作る。
仕付け縫いします。微調整しながらしっかりとフィッティングさせてぇ。







Tw2_3_1 ミシン縫い。
ダブルステッチぃ~。
ん~んきれいきれい。
さて、もう片側もがんばってお裁縫しなきゃ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Tw編 その1

Mid編でのトリムボードは手作り感あふれすぎてポテンシャル落ちてます。。。
まぁここまで色々やって来ましたので、とりあえず予定通りのインストールを完了させましょう。
で、いよいよTw編です。Tw & Mid 位置決め編を踏まえて。

Tw1_1 まずは土台部分の製作。MDFで適当に。








Tw1_2 つぎに、ピラーのウラにターミナルを付けます。ホットボンドで固定します。








Tw1_3_1










Tw1_4_1 パテてんこ盛りです。。。土台をちゃんと作ればよかった。
おとなしく硬化を待ちます。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Mid編 その4

つづきです。

Mid4_1 パテを削って削って大体かたちになりました。
さて仕上げ。色々と素材に迷いましたが結局センターコンソールと同じアルカンターラです。






Mid4_2 貼り方にも色々迷ってしまいました。レザーなら間違いなく1枚貼りでいけるのだがアルカンターラはねぇ。。。
手作り感あふれる作品です。。。がっくし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Mid編 その3

つづきです。

Mid3_1 ウレタンの硬化をしっかり確認した上で成型します。カッターナイフなどで簡単にカット出来るので適当に。
おおまかな成型が終わったら、パテでさらに成型です。ある程度おもさ(質量)が欲しかったので、アルミパテを使用。
あとはひたすら削るだけ。



Mid3_2 適当に面が出たら仕上げ用パテでキメを整えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Mid編 その2

試行錯誤して微妙な角度を出したので、いよいよトリムボードに取り付けです。

Mid2_1 ドリンクホルダー部にユニットを固定して、発砲ウレタンを充填します。







Mid2_2 2,3倍に膨れあがるので注意です。発砲ウレタンを充填することにより不要なビビリなども制御できます。







Mid2_3_1 ウレタンが硬化するまで、おとなしく待ちます。
※ウレタンの表面は硬化していても内部が硬化しきれていない場合があります。十分に時間をとりましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Tw & Mid 位置決め編

Bassを付け終え、Midの箱も一応出来たので音を出してみましょう♪

Kari Tw、Midの各スピーカの位置・角度のチェックをします。
左右のつながりを意識しながら角度など微調整していきます。

やはりMid側はつながりがよろしくないです。。。
アタマの位置(=聴く位置)に敏感に反応してしまいます。
ハンドルがじゃまだす。。。

Twは、フロントガラスの反射が多めです。極力反射の少ない位置をひたすら探します。



じみで面倒な作業ですが、非常に重要なフェーズです。人の耳をどれだけ騙せるかがポイントです!
本日はもう耳が馬鹿になりましたので終了。。。
しばらく、色々試しながらいい位置を探り出す事にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Mid編 その1

さあ、Midの取り付け編です。
トリムボードのペットボトルホルダーに取り付け予定です。
まずはエンクロージャをどうしようか。。。

Mid1_1 と、ホームセンターやら100円ショップなど色々探しまわりましたが東急ハンズにこんなものがありました。アクリルですが適当な厚みがあるので、パテなどで補強すればいけるでしょう。





Mid1_2










Mid1_3ってことで早速カットしてみた。








Mid1_4 つぎはバッフル。MDFを切り出しユニット固定用のビス穴をオニメナットで作ります。







Mid1_5 こんな感じ。。。








Mid1_6 接着パテでバッフルと筒を固定します。あとはケーブルを通して出来上がり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カーオーディオうんちく

じつは車内で原音再生(=HiFi)なんて無理無理って思ってます。車内はガラスだらけ、しかもスピーカーの中心で聴けないんですから。。。

■なにのなぜ?
おいらの場合はなかなか家でじっくり音楽を聴く時間や爆音、いや違った…常識の範囲内の大音量で聴ける環境がないんです。。。その点車内は違いますね!運転している間は聴く時間があるわけだし、ちょっと人里はなれて、星をみながら爆音。いや違った…常識の範囲内の大音量で聴けますよね?だから、効率悪くてもカーオーディオなんです!
といってもオーディオの世界上を見たらきりが無いんですけどね。いくら注ぎ込んでも足りません。。。

■基準は?
おいらのインストール基準はエフェクト(DSPなど)をオフの状態で出来る限りのフラットな特性を目指しています。

■何故か?
そうすることによって、実際の細かい追い込み(ネットワークやタイムアライメント)が非常にやりやすくなります。
【フラットな特性=いい音】かと言うとそうではないですが、少なくともフラットな特性が再現できるシステム作りが重要だと思っています。
どんな高価な機材を使用しようがそれが出来ていないとダメダメです(ヒガミ90%)。実際今回のハイエースもそれを目標としてインストールしています。これから、カーオーディオにやってみよう!って方も、泥沼から脱出できない方も、まずは取り付け(インストール)が肝ですょ!

■でも安全第一
取り付けが肝と言っても、車は運転するものであってオーディオがそれを妨げるものであっては、いけません。また、機器の改造についてもそうです。メーカー開発品には安全性も含まれているわけですから、改造した時点で音質は向上するかもしれませんが、安全性は低下します。その辺りを認識した上、音質向上しましょう!と思います。

最近は手軽に情報を入手出来るようになりました。情報収集して自作&改造!いいものは真似してみる!たいへん良いことだと思います。ただ、電気(電子)の流れは目で確認しにくいモノですから論理的に理解していないとキケンです。決して専門知識が必要と言う事ではありませんが『オーム』とか『ワット』とか。ちょっと調べてみてください。安全にコストダウン出来るはずです!と思う。。。カー用品と謳うだけで2倍、3倍の価格も珍しくないですから。。。

と、偉そうなこと言ってしまいしましたが
自身過去に、炎上した経験があります(汗)。大事には至りませんでしたが、機材がウン十万円分ふっ飛びました(: ;)
そうそう!コンデンサーが爆発したり…漏電でバッテリーダメにしたり…色々ありましたぁ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Bass編 その3

さてBassがしっかりなってくれないと、先に進まないので制振・吸音処理をしてみました。
このスピーカーの担当は低音なので少なくとも80Hz~800Hz辺りはしっかり鳴ってもらわなくては困ります。
作業はいわゆるデッドニングってやつですね!これはなかなか難しい作業なんですよ実は。『箱鳴り』って良いこと?悪いこと?正解は△。正しくは『箱鳴り』は調整するものです。したがって、『デットニング作業=エンクロージャ共鳴の調整』となる訳です。ですから、デットニング作業は一気にやるのではなく、効果を確かめながらトライ&リッスンで進めていくものです。
と言う事で面倒ですが、作業しました。

Bass3_1 まずは準備。サービスホールを開放して窓の開閉が出来るようにコントローラーは接続しておきます。







Bass3_2 スピーカーの背圧を吸音・拡散するためFOCAL PLAIN CHANTを使用します。








Bass3_3 左の色褪せているのは5年前に購入したもの右のは今回購入したもの。なかなか耐久性もあり昔から愛用してます。








Bass3_4 ユニット裏部にしっかり貼り付けます。気温が低い今時期は、鉄板を暖めるとしっかり接着できます。







Bass3_5 共振の激しい外側をしっかり制振します。ローラーなどを使用してしっかり貼り付け下さいね!窓を上げ下げして制振材が障害にならない事をしっかり確認してください!!






Bass3_6 サービスホールを元に戻して、とりあえずこんな感じ。








F3 ビフォー・アフターの特性を比べてみましょう。大分落ち着いてきましたね。実際音はかなり変化しています。
※80Hz~800Hzのフィルタリング(18db)しています。もちろんユニットのイコライザーはオフです。

今回はトリムボードを外した状態での検証でした。もちろんトリムボード装着時にはまたトリムボードの吸音を含め調整が必要になります。
まぁエンクロージャ化、アウター化の野望が崩れたときは正直へこみましたが。。。なんとか行けそうな気がしてきました。トレードインでどこまでいけるか?頑張ってみますっ♪

| | コメント (5) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Bass編 その2

エンクロージャ化を断念し、アウター化もあきらめた今。ただ単にトレードインとなりました(悲)。
カスタムでもなんでもなくなってきた(: ;)
まぁこのブログを悪い見本と読み変えていただいて、参考にしてもらえれば幸いです。
気を取り直してバッフル作成です。

Bass2_1 ユニットビス位置にオニメナットを打ち込んで、ニスを塗布し完成です。
取り付けネジは径5mmで純正穴にぴったりです。
バッフルの厚みはトリムボード(=内張り)との収まりを考慮すると、板厚12mmが限界です。大きさも純正の物と同じになってしまいました(トホホ…)。



Bass2_2 次に、フィッティング向上のためにプレスラインをパテで適当に。養生も適当に。








Bass2_3 そんてもって、スピーカー穴周りだけ制振材(レジェトレックス)を貼ってユニット装着です。








Bass2_4 とりあえず、試聴してみます。。。
ん~ん、きびしいぃー。とても共振します、箱鳴りがすんごぃ!聴いていてとても不快です。

ということで、このBassをしっかり鳴らすのが今後の課題となりました。吸音・制振作業をしなくてはなりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカー取付 Bass編 その1

配管、機器設置が完了。色々見直さないといけない箇所多数ありますが、スピーカー取付作業へ移行します。
まずは、Bassから。エンクロージャ化は断念しアウターバッフルで行こうと思います。

Bass1_1 インナーバッフルから作ります。純正スピーカーを利用して適当に墨出しをします。







Bass1_2_1 アウターバッフルとの連結部。木工ボンドをたっぷりと。







Bass1_3 (仮付け中…)
ベースを取り付け。







Bass1_4 (仮付け中…)
だいだいこんなかんじでしょうか。。。







Bass1_5 (仮付けチュー……)
ん~。。。。







Bass1_6
(カリツケチュー…………)
ん~ん。。。。。。。。。。。。。。

この上にアウターバッフルを付けると、アクセルを踏む右足がモロにユニットを塞いでしまう状態になる。。。いくらBassとは言え、ちとマズイかな。
つくづくバン系はだめね…前車もバンで足元狭かったのですがハイエースはそれ以上です。やはり3人掛け設定のハイエースではかつかつです。
って言うことで、泣く泣くアウターバッフルもあきらめ純正位置で何とか鳴らしてみましょう。結局これかよっ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センターコンソール製作 その後

仕上げのレザー貼りがどうも汚いので、貼り換えました。アルカンターラに(  ̄ー ̄)
実はマイブーム(死語?)です、アルカンターラ。最近は入手もし易くなってきたしね。
ただアルカンターラは、ビニールレザーみたいに伸びないんです。。。なので、仕方なくお裁縫です。型紙を作って、ミシン縫いです。

Cc1 ダブルステッチなんて洒落てみました。が、接着を失敗してシワシワに(T_T)。。。
肘掛けを追加しました。ラバーマットをパンチングアルカンターラでつつみこんでみました。






Cc2 アルカンターラはカスタマイジングさんで購入できます。
http://www.customizing.ftw.jp/
DIYのHowToなども掲載されていて勉強になりますょ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドユニット&プロセッサ新調

DEX-P01&DEQ-P01をマークⅡに変更しました。と言っても、配線など変更は無いので付け替えるだけ。かんたん!
大きな違いは、NW、EQの左右独立ですね!こうなると、調整はさらに泥沼化し抜け出すことは不可能でしょう。。。たぶん。

P01 2つ並べてみました。
リモコンがちょっとおしゃれになりました。
肝心の音は…
家でちょっと聴いて見ましたがエーシングしないと、とても聴けたものではありません。
でも、きっとパイオニアの音がするのでしょう。。。嫌いなわけでは無いんですけどネ(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

室内照明増設andLED化

いくらコスト削減と言っても200系ハイエースは室内照明暗すぎ。。。って事で増設andLED化をやってみました。
まずは、LED化から。

Room4_1  3mmLED在庫がたんまり在るので、アクリル板を使用しLEDを並べました。








Room1_1 増設は純正の照明を共販でゲットしてきました。
取り付け方は、まず天井の骨がある部分に合わせ成形天井をカット。つぎに骨にねじ穴(2本)穴あけして、天井を戻して照明を取り付け完了です。
電源は、サブバッテリーから取ります。
3路スイッチを使って運転席と荷室どちらからでもオン・オフ出来るようにしました。



Room2 スイッチおん!おぉぉぉーーーーーーーーーーーーー暗い(爆)
しかもちょっと収まりが悪い…
3路は凄く便利ですが、3mmLEDでは暗すぎた(T_T)…暇になったら考えよーっと。




3ro
回路はこんな感じ。配管が長くなるけど便利なのでみなさんもやってみてくださいな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲットぉぉぉーーー

Mts MTSのNewアルミ【MJ16-01S】でっす♪







Mts1 ハイエーススタイル、皆さんも持ってますよねっ!!じつはおいら、納車待ちの間ずっとこれ見ていて表紙のマッスルマジックのデモカーにベタ惚れでした。
今でも自分のハイエースはこのスタイルにしようと思ってますが。
でもAWCデイトナの6穴16インチって、鉄っちんのくせに高いよねぇ?5穴は適正価格なのに…







そこで他に候補が無いか探した訳です。
MTSのNewアルミ【MJ16-01S】なかなかいいなぁ~。早速検索っ!さすがに情報少ない。。。
そんな中、CRSブログ(http://www.crs9000.com/)に「MJ16-01S 5セット在庫あり!」なんて書いてあるじゃないかっ!!もちろん速攻問い合わせ!

プルプル…
おいら「MJ16-01Sってまだ残ってますかぁ?」
CRSさん「はい。2セット残ってますよ!」
おいら「(まじ?残ってたよ・・・) く、ください。。。」
って、感じ。衝動のままに買ってしまいました。。。あれほどAWCデイトナって決めてたのに…

2日後、早速届きました。ん~んカックイィーー(  ̄ー ̄)こっちにして満足だす。
装着はちょっと先になりそうなので…こんな写真でゴメンナサイ。でも解像度高めにしとくので、みなさん加工してシミュレートしてみてね♪タイヤは205でっす。

Mts3










Mts2

CRSさんでは次回入荷2月中頃予定だそうです。バックオーダーしちゃいますかっ?
CRSさんのブログ(http://www.crs9000.com/)要ちぇっくですょ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

配管まとめ

なんだかんだとケーブル配管・機器設置も終わり後はフロント周りのスピーカーインストールを残すのみとなりました。(調整の泥沼が待っているが…)
音出たらお披露目会しますんで、どんなもんか聴いてやろうって方来て下さいね♪

Floor さて、ワイヤリングについて簡単ですけどまとめて見ました。これから、カスタムしようという方の参考になれば幸いだす。












>めいちゃんさん
4Gで配線との事ですが、理想はセカンドシート足元の立ち上がり部に穴を開けグロメットがベストだと思います。その為には、鉄板に径2cmほどの穴を開けないといけません。おいらの場合は、あいにくその工具(刃)を持っていないので8Gを加工無しに配線して、エンジンフードをそのまま閉めちゃってます。。。4Gですとこの方法は微妙ですね。お力になれずゴメンナサイ。。。

Bat 一応、画像アップしますね。
めいちゃんさんもインストールがんばってくださいね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アンプなどなど設置

荷室のアンプBOXが完成したので、アンプ、電源など積んで見ました。

Kiki1 左側には奥から、サブウーハー、アンプ、電源安定化、CDチェンジャー。







Kiki2_1
アンプ部アップ。
左の黒い筒状の物は、コンデンサーです。ELNAセラファインです。





Kiki3
こちらは右側。
走行充電装置とオプティマ。
空いているスペースはこれから考えます♪インバーターでも付けるかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

OXフロントシェイダー

Ox1

OXフロントシェイダー取り付け。
カラーはブラッキースモークです。








Ox2 ポン付けはつまらんのでステッカーを作ってみた。
TRD-USAのロゴをパクリ








Ox4 貼ってみた









Ox3_1 装着後インプレ
交差点のコーナーミラーや信号など、ひじょーに見にくい。。。
日差しがまぶしい時はしっかりまぶしい。。。
どちらかというとドレスアップ商品ですね。
ダークスモークの方が良かったかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンプBOX製作 その4

収まりがあまり良くないですが、もういいや。。。このまま仕上げしちゃいます。

Ab4_1_1 防水塗料を塗って。








Ab4_2_1 レザー貼り。








Ab4_3_2 さすがにこれは1枚じゃ無理ね。








Ab4_4_1 取り付けステーは左側(アンプBOX製作 その1)と一緒。
汚くてこれ以上アップに出来ません。。。






これでやっと機器を積むことが出来まっす。サイドの塞ぎは後回しです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

アンプBOX製作 その3

アンプBOX製作続きです。

Ab3_1_2 さぁ反対側も作りましょう。
こちらは、ヒーターの出っ張り・送風口があり少々複雑です。
左側と違い開口部が多いためMDFの板厚は15mmにしました。
左側と同じように型紙を適当に作り、板を切り出します。


Ab3_2_1 仮合わせ♪こんな感じでできましたぁ。














Ab3_3_1 スキマ、スゴインデスケド(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカーケーブルドア配管

さて、ハイエースの鬼門とでもいいましょうか。ドアへのスピーカーケーブル通しです。
ハイエースのフロントドア配管ブーツはフロントバンパ内部へと通じています。したがって、車内からは一度フロントバンパ内部を経由してドア配管となります。

Door1 まずは、フロントバンパを外してぇ~。つぎに、サイドサポートを外しますが、これが硬くって「えいやぁっ!!」って外したら見事サイドサポートの爪が折れた(泣)しかも左右両方(爆)。













Door2 あとは、ケーブルを通すだけ。
車内からはこんな感じ。写真は助手席側、運転席側はクラッチペダルの上の辺から。ってクラッチないけど…






Door3 ドアへはブーツを一旦外してね。通しにくい場合は、ウレタン用保護剤なんかを使うと滑りがよくなります。







Door4 コルゲートチューブで保護して完了!








Door5 ドア側はこんな感じ。








Door6 破損したサイドサポートは結局買ってきました。。。これから作業するみなさんお気をつけて。っておいらだけか…しかも左右。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

HID&LEDポジション

さすがに次の車はHIDだと思っていたのだが甘かった。。。また、貨物を買ってしまったので。
そんな訳で念願?のHIDですっ。気合でフォグもHID化!
ユニットはいろいろな情報を参考にしつつ、すべてが同色になるよう狙って、

Hid1_1 ■ヘッドライト
パワーユニット:ベロフ Spec Evolution Neo
バルブ:ベロフ HL4SSS サンダーホワイト 5500k
■フォグ
88ハウス ラウド 6000k
■ポジションLED
PIAA スーパーTERA 5500k
となりました。

Hid2 取り付けは何気に大変。ユニット配置に結構迷ってしまった。
88ハウス ラウドにはバラスト取り付けアングルが付属していますので良いのですが、問題はベロフです。
バラスト・イグナイター・リレーと点数があるので取り付け位置に非常ーに悩みました。




Hid3 簡単ですが取り付け位置。ついでにコーナーパネルも交換♪















Hid4 ベロフバラストアップ。水が気になる位置ですが…
ついでにフォーンも交換。







Hid7 ポジション&フォグ♪ラウド6000kが少々黄色が入っているようです。。。








Hid8 全灯♪…大分色味が違います。。。一応安定させてから撮影したのだが。ベロフ5500kの方が白いです、やはりワット(W)数の違いなのでしょうか。
レベリング機能も問題なく稼動!Hi切り替えも問題なし♪




【追記】
ラウド6000kとPIAA5500kはちょっと青みかかっていていい感じ。
ベロフサンダーホワイト 5500kは、純白と言った感じ。6000kの方がよろしい様です。。。
サンダーホワイト 5500kは、雨天でもちゃんと照らしてくれますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とりあえすナビ起動

Navi1 ダッシュ内に隠したGPS・VICS・ETCの各アンテナもしっかり動作しているようです。
問題はモニターの取り付けですね。。。今はガムテープ仕様になっています(悲)






Navi2 ついでに、リアカメラの確認の出来ました!実は、画角の確認無しにリアガーニッシュに埋め込んでいたので、ちと気になっていました。。。(いい加減過ぎ)
しかし後退時バックカメラ見ても全然分かりません(爆)ていうかコワイです。おばちゃんとかモニターのみ見つめて車庫入れとかしてるけど、、、慣れなのでしょうか。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブウーハーBOX製作 その4

しっかり気密性も確保できたので、仕上げです。バッフル面の面取りをして、ニス塗りです。

Ab4_1 ケーブルはモンスターケーブルのM20.2Sです。ターミナル無しでアンプ直結です。







Ab4_2












Ab4_3 取り付けてみました。ん~今度はピッタリ♪
音出しはいつになることらや…








Ab4_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブウーハーBOX製作 その3

つづきです。
適当に箱が出来たので、内部の気密性を向上させます。
Ab3_1_1 ガラスクロスを適当にFRPで硬化させます。








Ab3_2











Ab3_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブウーハーBOX製作 その2

サブウーハーBOX流用は凡ミスより、失敗に終わりました…しょうがないので作ります。
Ab2_1 まずは、板の切り出し。15mmのMDFです。もうちょっと厚みが欲しいところですが、15mmが余っていたもので…






Ab2_2 開口部円切りです。









Ab2_3 サブウーハーを固定するためのビス穴を加工します。オニメナットを打ち込みます。







Ab2_4 仮合わせ♪うまく出来ました。
ビスは六角を使用します。








Ab2_5 背面を残してBOXを組み上げます。木工ボンドはたっぷりと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サブウーハーBOX製作

Ab1_1_1 ボックスは以前のものを流用することに。しかしサイズを調整しないとアンプBOXに入りません。。。
元々インストールの関係で容量は大きめに作っていたので、今回推奨容量まで小さくします。





Ab1_2 真っ二つにカットして、サイズダウンしました。









Ab1_3さっそくアンプBOXに設置してみた。
あれれ。。。。。ズレてる(涙)








Ab1_4適当な墨出しでこの様です。。。どうしよう(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンプBOX製作 その2

アンプBOX製作つづきです。適当な割にはなかなかのフィッティングでしたので修正なしで仕上げ作業です。

Amp2_0 その前にウーハー用の穴あけ。
ウーハーBOXをこの中に収めるすんぽうです。







Amp2_1 防水塗料を塗布します。無色透明なので、塗り残しが無いよう注意です。







Amp2_2 ビニールレザーを貼ります。気合の一枚貼り♪








Amp2_3 すっかり日も暮れて。。。









Amp2_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アンプBOX製作 その1

さて大仕事です。サブバッテリ、アンプ、サブウーハーなどを荷室部に設置するべくBOX製作開始です。
二の字型にボックスを製作し、タイダウンフックの穴を利用して固定します。
まずは、左側から。

Amp1_1 型紙を適当に作成し、適当にMDF(t=12)を切り出しました。







Amp1_2 固定には適当なアングルを加工して使用します。








Amp1_3 当然適当なボックスが出来上がります。
こちらは、後ろ側。CDチェンジャーを設置します。







Amp1_5 仮合わせしてみました。
適当に造った割りには、中々のフィッティングです。もちろん偶然ですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤリング その3

ブログを更新しようと管理ページにアクセスすると…タイムアウト???ん?またまたトラブルかぁniftyさん。
トラブル情報を見てみると…なっなんとメンテナンスたいむです!しかも53時間のメンテナンス。。。。。。。。。。。niftyさんは53時間サービスを止めるのもメンテナンスなんですね。。。
さてメンテナンスが終わったようなので。
W3_1 荷室部の配線&吸音処理を開始です。レジェトレックスで制振後パンチカーペットで吸音です。








W3_2









W3_3 タイヤハウスも同じように処理します。








W3_4
トリムボード内側もパンチカーペットを貼り付けます。








さてフロアー防音の効果は…
マフラーの音が少し静かになったような。。。劇的変化は生まれませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤリング その2

W2_1 後部座席部の配線&吸音処理を開始です。まず、シート・サイドステップ・内張りを外してフロアカーペットを剥がします。
シートが結構な重さです…一人作業で腰痛めました(T T)







W2_2 共振しそうな箇所にレジェトレックスを貼り、配管します。コードはコルゲートチューブで保護しています。固定にはアルミテープを使用します。
主な配線は
・メインBAT→サブBAT
・センタコンソール⇔アンプラック(電源、IP-BUS、光ケーブル)
・スピーカーケーブル(Hi,Mid,Bass)



W2_3
ロードノイズ吸音の為に9mmパンチカーペットを増し貼り。紙の両面テープで軽く固定します。






W2_4 サイドステップ裏側にもパンチカーペットを増し貼り。
その3につづく。。。






FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワイヤリング その1

大体機器の配置も決めたので、配管しましょう。ノイズが乗らぬ様に祈りつつ一気にやってしまいましょ。残っていたフロアーや荷室部サイドなどの防振処理も一緒にやっつけます。
ナビ電源はメインバッテリーから、Audio関係はサブバッテリーからとります。
まず、ナビ関係から。

W1_1 シートやインストルメントパネルなどを外します。








W1_2 メーター裏にGPSアンテナとETCアンテナを仕込みます。
走行中にカタカタ鳴らない様にしっかり固定&熱対策をしましょう
前車でもETCアンテナをダッシュ裏に隠していたのですが問題はありませんでした。パナソニックCY-ET700Dです。







W1_3 DINスペースにVICSアンテナです。写真見え辛いですが。。。








W1_4 これが大変。。。セキュリティーを仕込んでます。詳細は秘密です。
ナビに必要な信号線も一緒に取り出します。









FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンガーパイプ

Hp0 ホームセンターで長さ910mm径25mmのステンレスパイプとステーを買ってきました。全部で\1,000-ぐらい。






Hp1 リアゲートに穴をあけて、座板を入れビス止め。適当にゴムマット入れてみました。穴あけ加工だけでぴったりできました。







Hp2 リアゲート閉めるときこのパイプのおかげで楽チンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍵穴を埋めてみました

Key1 バンってやつは、どうも鍵穴が多い。ハイエースは盗難も多いらしいと言う事なので鍵穴埋めちゃいました。
スライドドアは、シリンダーそのままに加工できましたが、リアゲートはキーシリンダーを取り外しました。
ついでに同色化です。せっかちには綺麗なツルツル塗装は出来ませんでした。。。



Key2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

センターコンソール製作 その2

Cc2_1 とりあえず、機器を設置してセンターコンソールを仮取り付けてみた。適当に作ったので、大きくハンドルを操作するときにヒジが当たる…電気が走りました><。。。仕上げも失敗してるので、他が落ち着いたらやり直します…




Cc2_2








FUN FACTORY

| | コメント (2) | トラックバック (0)

センターコンソール製作 その1

Cc1_1 MDFで製作開始です。適当な設計を基に適当なコンソールが出来てきました。。。







Cc1_2







FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヘッドユニット&ナビの取り付け場所

ハイエース標準はインストルメント部のDINスペースは2DIN。ワイドは4DIN分あるんだよね。いいなぁ。
さて、今回は
・ヘッド 1DIN
・ボルトメーター 1DIN
・ナビ本体 1DIN
・モニター 2DIN
で、合計5DIN分必要となる。したがって、3DIN分足りないことになる寸法だ。
ナビは少しでも大きい画面が良かったので、オンダッシュタイプを購入(Panasonic CN-HDS905D)。
そこで、運転席に座り悩む。まだ悩む・・・・・・・・・・・・・・・・・悩む。。。
助手席エアバックを付けてしまったし。グローブボックス加工は過去にやって結構面倒なのね。。。悩む。
ハイエース納車前は、ウォークスルー部からセンターコンソールを作ればいいやっ!なんて思っていたけど。
まさか、あんなところが開くなんて…(エンジンフードの事)。まぁよく考えれば当り前なんだが、ハコバン初めてなもので…
で、悩み抜いた結果『配管大変だけど、センターコンソールで行こう!』に決定。
TVモニターは、インストルメントパネルのDINスペースへナビ本体・ヘッドユニットはセンターコンソールへ。
ナビ本体とモニターをつなぐケーブルは2.5mです。エンジンフードのつり元から際を通してDINスペースまでギリギリです。
さっそく、設計してみた。
Cc

| | コメント (0) | トラックバック (0)

K&Nエアーフィルター装着

Knオーディオがメインと宣言しておきながら、また別のネタです…
えー排気やったら吸気も!ってことで『K&Nエアーフィルター(byボクシー)』を装着しました。
湿式、高密度、4層式コットンフィルターってことなんですが、具体的な効果は出るのでしょうか?
純正と並べてみました、大きさが結構違いますね。メンテナンスキットも同時に購入しましたが、初期は必要ないです。はじめからフィルターにはオイルが染み込ませてあります。
取り付けは、至って簡単!フロントバンパー下部から純正と交換するだけ。装着後走って見ました。。。
ん~ん体感出来る事は残念ながら。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

RS★R エキマグGTワゴン その後

Pb161434 マフラー交換して数百キロ走ってみた。こんがり焼き上がりました。
(赤枠内は、新品時の写真です)
インナーサイレンサーを外したら、下がスカスカで加速しなくなりました。。。

Pb161435_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車内環境を整えよう その2 スライドドア防振編

Sd1 ルーフに続いて、スライドドアも防振。まずトリムボードをはずすのですが、なかなかコツがいります。(コツについてはTRH200系新型ハイエースのトランポカスタム日記の『スライドドアハンドル取り付け』で詳しく解説されています)
うまくトリムボードをはずしたら、ビニールの防水シートをきれいに剥がします。そして響きそうな箇所をカンカン叩きながら貼れそうな場所に制震シートをペタペタ貼っていく。
写真を撮り忘れましたが、トリムボード自体も制振しました。


Sd2 共振する箇所が無くなったら、防水シートを元に戻してトリムボードを取り付けて完了。トリムボードは戻すほうが面倒でした。


さて効果の程は、、、
ドアロック・アンロック時の音が静かになった。スライドドア開閉時の音が静かになった。
走行時は・・・あまり変わらないのか???ん~わからんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

車内環境を整えよう ルーフ防振編

バンに乗っていると気になるのが、ルーフに落ちる雨音。なぜだか、悲しい気持ちになる。
ハイエースでビックリしたのは、ルーフモール付近に雨が落ちた場合『ペコーン~』ってすごいマヌケな音がします。鉄板の面積が広くフラット部が多いサイドなども共振がすごい。

P4151159_1 まずは外部からの騒音、内部からの音楽などに共振しないよう制振を施す。
成型天井をはがして、申し訳無さそうに入っている吸音材を剥がしてから作業開始。
鉄板をカンカン叩きながらアルミ制振シート(レジェトレックス)を貼っていく。無駄に貼ると重くなるだけなので注意。
しっかり制振出来ると『コンコン』と言った音になり響かなくなる。

P4151160次に、吸音処理。最初から入っているフェルトに9mmフェルトを増し張りしていく。紙の強力両面テープで適当に…成型天井を戻して完了!




さて効果の程は。。。
後日雨の日走行しましたが、イイです!ただ、天井があまりにも静かになりすぎて、逆に走行中にフロントガラスに当たる雨音が妙に気になる。
こればっかは、仕方ないか。。。

FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンクロージャを設計しよう その2

なにやら、エンクロージャ化は無理っぽいにおいがプンプンしてきましたが、、、
とにかくやってみようって事で、エンクロージャを造ってみた。んでもって、音を出してみた………

Pb081422 ダメダメ・・・ちゃちい音がします(T_T)。一応、特性を測定した見たがダメです。
ハイエースエンクロージャ化は諦めます。これ以上は大造作になるので。。。で、どうするか?
あっさりと、ハイエースアウターバッフル化に決定♪








FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイエースマフラー~RS★R エキマグGTワゴン~

Rsr01 マフラー交換しちゃいました。RSR エキマグGTワゴンです。もちろん車検対応品です。
5ZIGEN LAX TOURING(エル・エー・ツーリング)と迷っていたのですが、近くのショップでRS★Rのフェアーで「30%オフ+工賃無料」でしたので。。。あとインナーサイレンサーが脱着式であること。砲弾部分がポークビッツですが、ハイエースはショウガナイデスね。欲を言えば砲弾は斜めに出してほしかった…ディーゼル用は斜め出しなんだよなぁ。。

Rsr02 さてインプレですが見てのとおり質感はすばらしいです。気になる音のほうは、車検対応なので純正より低音がわずかに強調されるくらいでしょうか。






Rsr03 あと驚いたのは、確実にトルクアップしています(そう感じます)。
結構200系ハイエースでマフラー交換しても「トルクアップの体感はナシ」って情報が多いのですが実際どうなんでしょう???どのメーカーもトルクアップ!!って言ってるようですが。。。
マフラーについては少し走って後日またインプレします。

FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハイエースのエンクロージャを設計しよう

16cmのBass(Diamond Audio HEX S600)を取り付けるにあたって、エンクロージャ化をたくらんでいるがホントに可能だろうか?

Pa081360_2まずは、ボックスの可能な大きさ(=容量)を決める。トリムボード(=内張り)の物入れをカットして、ダンボールで感じを掴みます。 







Pa081362 ん~。。。かなり微妙です。
運転に支障ありって感じ。







Sp とりあえずフリーソフトのWinISDを使って設計しましょ。( 入手元は http://www.linearteam.dk/
緑のラインがバスレフエンクロジャー5リットル。黄色がドアの標準位置に取り付けた場合。やはり5リッターエンクロジャーやっぱり無理がありそう・・・110Hzから急に落ち込むし、郡遅延(反対位相側の低音の遅れ)が大きそうです。
ユニットを替えるか、ドアに付けるか。。。それともポート調整でいけるのか!?FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スピーカーユニットの取り付けを考えよう

Diamonds500hex_tw200_th200 今回の構成はフロント3WayなのでTW、MID、BASSの3発をインストールしなければならない。
ダッシュ上をすっきりさせるには、ドアに3発。。。ん~トリムボード(=内張り)造り替えになってしまう…
極力、造作は少なめにしたい。過去に見た目を重視しすぎてインストール完了まで実に1年もかかってしまった事がある。(作業は週1なので)そんなわけで今回は極力純正を加工しておしとやかにインストールしたい。

Sd52r
話は戻って、やはりTWはAピラーが無難かな。MIDは、ハイエースのトリムボードを良く見るととってもイイ場所があるではないか!そう、ペットボトル入れがある。左右のつながりが気になる位置だが、加工が楽そうだしココに決定♪

さて問題はBASSだ。トリムボード下部を切断して、エンクロージャ取り付けようと思うが、容量がちと足り無そう…ポート設計してうまく必要な周波数を出せるかがキーになりそうだ。

一応、エンクロージャ化のメリットは
・車外への音漏れが少ない
・ユニットが濡れない
・窓を開けても影響がない(内圧が変わらない)
・自己満足
ってところだろうか。

FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベース車両としてのハイエース

さて、これからドロ沼への第一歩を踏み出す訳だが、ベース車両としての問題点を洗い出さなくてはいけない。
なんせ衝動買いしてしまったので、事前調査は無に等しい。しっかり調べないと第一歩を踏み外すことになる。
問題になりそうな箇所は…
1.インストルメントパネル部のスペース少
2.ドア純正スピーカー位置が低い
3.アクセル(シート位置)がドア側に寄り過ぎ
4.センターコンソール部がエンジンフード
5.ドアワイヤリングがバンパー部(=外部)を経由している

今思いつくのはこれくらいかな。
まず【問題点1】はS-GLの場合は、2DINスペースが1つのみ。グローブボックスつぶすのは加工が面倒だし、
上部は助手席エアバックを付けてしまったので使えない。モニター、ヘッド、計器類などを考えると4DIN分は必要な気がする。
そこで、センターコンソール部を自作してと考えると【問題点4】がひっかかってくる。いやーまさかあんなところが開くなんて盲点でした…しかも、エンジンの余熱で熱いじゃないか!どうしものか。。。

つぎに【問題点2】。ドアスピーカー純正位置が下過ぎですね。前々から次の車はドアエンクロージャ埋め込みを考えていたので、何とかなるとは思うが【問題点3】が気になる。ドアエンクロージャ加工した場合アクセルが踏めなくなる可能性大ですなぁ。
そして【問題点5】これは問題と言うより面倒くさい!だけ。バンパー取らないとワイヤリング出来ないってコトなんだなぁ。

まぁ今さらなんだが、乗ってから気づくこと結構あるなぁ。。。やっぱ衝動はいかん。。。

FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

システム構成

衝動買いしてしまったハイエース。当然『金欠乏症』。。。
よって今回取り付ける機器は基本的に前車からのお古と言うことになります。(前車の情報はFunFactory参照)

002 まずは、ヘッドユニット。カロのDEX-P01を使用。これの前はDENONのA-100を使用していた。音的にはA-100のほうが好み。しかし、車内と言う過酷なリスニングルームではデジタルで得るメリットはかなり大きいと思う。もちろんアナログで位相がバチッっとくれば申し分ないが、、、そこにたどり着くまでの知識・時間・¥・気力を考えるとへタレのおいらにはどれもたりない。そんなわけでDEX-P01を使用している。

つぎにプロセッサ。カロのDEQ-P01、これが無いと意味がない。カロxシリーズほしいけど手が出ません…

そしてアンプはすべてKICKER。構成は3wayマルチでTW、MID用にZX-460、BASS用にZR-360、SW用にZR-360(ブリッジ)です。
個人的にKICKERのZRシリーズの音がとても気に入っている。KICKERのブランドイメージとのギャップがステキ!?

最後にスピーカーユニット。TWとBASSには前車のインストール事情もあって、マグネット部の出が少ないDiamondAudioの600sHEXを使用。
うたい文句は、「ジャンルにとらわれない…」とよくあるが、悪く言えばどれも中途半端なのか?しかし、シルクTWはとても気に入っている。アルミと違い、やわらかくもクリアな高音再生が可能。
MIDはSonicDesignの52Rを使用。エンクロージャ容量が小さくて助かる。SWはALIANTEのSi 12、これまたエンクロージャ容量が小さくて助かる。
ALIANTEのスピード感に一目ぼれして購入したが、楽曲のジャンルによってはその特性が裏目に出ることもあり低音再生の難しさを再認識させられる。
主要機器については以上。他ショートパーツなど色々あるが、それらについてはインストール時に詳細をアップしていきたいと思う。

FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベース車両はハイエース

P1151127 PM法の関係で車を急遽手放すことになり、下調べのないままに買ってしまったハイエース。
実はちょっと見に行くつもりでデーラーへ、営業の口車に乗せられその日のうちに仮注文となってしまいました。
ディーゼルが良かったのですがちょっとうるさ過ぎたのでガソリンのS-GLです。
自己満足の世界で色々いじっていこうと思っています。内外装などのメジャーカスタムは他のすばらしいHPやブログにお任せして、このブログではカーオーディオを中心に発信したいと思います。また、ここを通じて同じ趣味を持つ方と交流が出来ればうれしく思います。
by TAKA

FUN FACTORY

| | コメント (0) | トラックバック (0)